舞台組立 全長約100m!

一、開演時間の40分まえには予定場所にて待機 
 何も無い道路や広場に、当番町の屋台が到着し、そこから開演の為の設置準備が始まります。当番町の向拝(屋台)は、祭り期間中いかなる時でも後退する事は認められていません。

二、向拝(屋台)の設置
 向拝(屋台)の停止位置が、舞台や松・波・舘・太夫座敷、山(大山・中山・前山) 等の設置場所の基準になります。

三、向拝(屋台)と舞台(通称:地車、人車)の連結
 向拝(屋台)の舵棒寸前まで、舞台を寄せます。地車から道具類を降ろし、 舞台を開いて本舞台として使用します。速さや正確さが求められます。

四、向拝(屋台)の変化
 向拝(屋台)の土台前部に「そろばん」と呼ばれる、木枠を取り付け、その上を向拝が横(向拝に向って左)に移動し回転します。この向拝が、横移動する仕掛けは全国のお祭りでも「山あげ祭」だけといわれています。

五、山の土台の設置
 山の基本となる土台を、設置します。山担当主任は「山をあげる時に障害物を 避けられるか」「山があがった時、どのように見えるか」等の計算をしながら若衆に 笛一つで指示を出します。山の組立後のやり直しは出来ないので、真剣勝負です。

六、山の骨組みの組立・はりか山の取り付け
 大山・中山・前山の各部所同時に数十人の若衆が、山を取り付ける竹を縄で縛ります。その竹にハリカ山(烏山和紙を幾重にも貼った山)を取り付けます。 ここでも、正確さと素早さが求められます。

七、山(大山・中山・前山)をあげる
木頭の拍子木と笛の合図で、前山・中山・大山の順に次々と上がります。特に、高さ約 10mにもなる大山をあげる時は迫力満点で最大の見所です。

八、野外歌舞伎の上演
 常磐津の三味線と唄、舞踊を担当するのは、地元を中心とした小学生から大人で構成されている、山あげ保存会芸能部です。山あげ祭の3日間の為に、一年を通して稽古に励み“技”と“美”を磨いています。洗練された妙技が織り成す野外歌舞伎は、一見の価値有り。