烏山城は応永25年(1418)、那須一族の
 沢村五郎資重(さわむらご ろうすけしげ)
 によって築城されたと言われています。

 それ以後、天性18年(1590)に当主那須資(なすすけはる)が、小田原遅参を理由に豊
 臣秀吉によって改易されるまで那須氏の
 居城となりました。

  
 その後、織田氏、成田氏、松下氏、堀氏、板倉氏、那須氏、永井氏、 稲垣氏と頻繁に城主の交代が行われ、万治2年(1659)、時の城主であ った堀親昌によって、城の東山麓に新たな居館(三の丸)が築かれ、以後の藩政機能はこちらに移ることになりました。

 享保10年(1725)譜代大名の大久保常春(おおくぼつねはる)が江州(滋賀県)より移封され、その後八代、約140年にわたって大久保氏が城主になり、城は明治を迎え廃城となりました。

 地元では八高山(標高206メートル)と呼ばれる喜連川丘陵の一支脈である独立丘陵頂部を中心として築かれた、連郭式の山城です。東西に約350メートル、南北に約600メートルの範囲に五城三郭(本丸、古本丸、中城、北城、西城、常盤曲輪、若狭曲輪、大野曲輪)と呼ばれる曲輪群が存在しています。本丸、古本丸と市街地との比高は約100メートルあり、曲輪群の周囲には竪堀、横堀、堀切、土塁などが設けられ、本丸周辺には石垣を築くなど堅固な城砦を形成しています。

 立地は、東側は大きく蛇行を繰り返し南流する那珂川、西側は江川、南側は那珂川と江川、荒川の3河川が合流する氾濫原、北側は大小の谷が複雑にいりくむ丘陵地帯と那珂川の蛇行によって形成された狭地となっています。周囲の地形も巧みに利用した要害の地を選んで築城したものと考えられています。 

烏山城パンフレット 1/3 烏山城パンフレット 2/3 烏山城パンフレット 3/3

 *COCOAR2  をイストールして、パンフレット1/3の表面にある烏山城にかざすと動画が現れます。

 
烏山城主年表 

〇城郭用語解説

 ・山城(やまじろ)・・・地形を利用して、独立した山や丘陵などに築かれた城郭のこと。

 ・曲輪(くるわ)・・・堀や石垣などに守られた、城郭や館の内部の一区画。郭ともいう。

 ・土塁(どるい)・・・曲輪の周囲などに土を盛り上げ、敵の攻撃から城を防御するもの。

 ・空堀(からぼり)・・・水のない堀のこと。中世城郭では一般的に空堀を使用した。

 ・矢狭間(やはざま)・・・堀や建物の外壁などに設けられた、矢や鉄砲を発射するための小窓のこと。

 ・横矢掛(よこやがけ)・・・城壁や土塁を屈折させ、二方向以上から敵へ射撃ができるようにした城の構造のこと。また、その攻撃のこと。

 ・桝形(ますがた)・・・城の出入口の防御施設のこと。多くの場合、城門を二重に設け、その間を石垣や土塁などで囲んだ広い空間を指す。

 ・櫓門(やぐらもん)・・・門の上に建物がある城門のこと。二階門、楼門とも呼ばれる。

 ・普請(ふしん)・・・城郭の築城や復旧のために行われる土木工事のこと。

 ・御殿(ごてん)・・・城主の邸宅のこと。中世では城外に作ることが多かったが、戦国期になると危険ために城内に建造するようになった。

 ・礎石(そせき)・・・建物を建てる際、柱などを置くために地面に固定された大型の石。主に瓦葺きなどの重量がある建物を作る場面に用いられる。