八雲神社



1560年に烏山城主の那須資胤が疫病排除、五穀豊穣、天下泰平を祈願のため大桶村の牛頭天王を仲町十文字に勧請したのが八雲神社の初まりといわれています。
 明治3年には、牛頭天王社を八雲神社に改称しました。

現在地:栃木県那須烏山市中央1丁目16−1