あらまし

 時は永禄3年(1560年)時の烏山城主那須資胤が、当地方の疫病防除、五穀豊穣、天 下泰平を祈願し牛頭天王を烏山に勧請し ました。その祭礼の奉納余興として、当初 は相撲や神楽獅子等が行われていました。やがて、江戸で常磐津所作が流行したのを きっかけに常磐津所作を奉納余興として 行うようになり、今日のような全国でも類 以を見ない絢爛豪華な野外歌舞伎になりました 。この「 山あげ祭 」は 、六町内が輪番で行われ、毎年七月の第四土曜日を含む金曜、土曜、日曜の3日間行われます。
 山と は、網代状に竹を組んだ木枠に烏山特産の 烏山和紙を幾重にも貼りその上に山水を描いた「はりか山」の事です。その「山」を人 力で揚げる事から、「山あげ祭」と呼ばれるようになりました 。
 「 山 」は常磐津所作(踊り)の舞台背景として揚げられ、観客の前 に据えられた舞台から道路上約百メートルの間に百名に及ぶ当番町若衆が 一糸乱れぬ団体行動のなか向拝、座敷、波 松 、舘 、前山 、中山 、大山等が瞬く間に遠近よく配置されます。そして、常磐津の三味 線と唄にのって、町の踊子が鍛練された美 しい踊りを披露する日本一の野外劇です。主な演目としては 、「将門」「戻り橋」「蛇姫様」「宗清」「吉野山」「梅川(上)」「老松」「関の扉」等があります。


楽観方と舞台組み立てへ

奉納余興「山あげ」とは?

 奉納余興公演は「笠揃」から「笠抜」まで、4日に渡り10数回の公演を市内各所にて行われ、その年の当番町が全て行います。この「山あげ」余興公演は、一言で歌舞伎の野外劇と言うことが出来ます。
舞台の左には花道ができ、花道の後ろには御拝(向拝・屋台の飾部)が置かれ、荘重さを加えます。舞台の右は太夫座であり、舞台の後方には橋(松)、波、館、前山、中山、大山が遠近よろしく立てられます。(山を人力で立てることを山をあげると言い「山あげ」となる)これらの山には山水が描かれ、四季の情趣が豊かに現されます。
 こうして、巾は道路巾8メートル、奥行き100メートル、高さ20メートルに及ぶ巨大な野外演舞場ができあがり、ここで常磐津に合わせて、それぞれの歌舞伎舞踊が演じられます。
 当番町の若衆達がこの舞台や太夫席、背景等を公演場所で組み立て、歌舞伎の野外劇中はそれら背景を特殊効果などで操作したり、花火や音響、光等で幻想的に演出する役割も請け負っています。

公演が終わるとそれらを素早く解体し、舞台を変形させて「地車」にして積み込み、次の公演場所に向かいます。

芸題のあらすじへ