境橋

境橋境橋

 境橋は、主要地方道常陸太田那須烏山線の那珂川の渓谷に架けられた橋長112.5mの上路式RCオープンスパンドレル(開腹=間隙のある側壁)アーチ橋で、アーチ橋はシルエットそのものが意匠性に優れているといわれている。
 現在の橋は、昭和12年に竣工した3代目の橋で、初代の橋は明治30年に舟を横に並べて板を置いただけの舟橋、2代目は大正9年に洋式木橋(洋式を模倣したトラスの木橋)が架けられていた。
 現橋の設計者は、関東大震災後の帝都復興局橋梁課長として隅田川橋梁群の設計など、百数十橋を手がけた橋梁設計の第一人者・成瀬勝武で、「戦前土木名著100書」に数えられる成瀬勝武の著書「彈性橋梁」では、境橋の設計計算書が31ページにわたり紹介されている。

境橋.pdf

アクセスマップ